くらその皮ふ科クリニック 女性皮膚科医(女医)|一般皮膚科|漢方

tel.011-612-0312

美容皮膚科診察メニュー(自由診療)美容皮膚科診察メニュー(自由診療)

ピアッシング

くらその皮ふ科クリニックでは、耳のピアッシングを行っております。
皆様もしかしたらピアッシングを軽くとらえていませんか?
日本ではピアスを開けることは医療行為となっており、医師免許を持っていない人が医療行為を行うことは禁止されています。
友達同士で針で開けたりする方もいらっしゃるかもしれませんが、それは細菌感染や合併症を起こす可能性があるため危険であるということをご存知でしょうか?

また、さらに心配なのは金属アレルギー(ニッケルアレルギー等)です。市販の商品の中には本来ピアッシングに向かない素材が使用されているものもあり、体の中に金属アレルギーの原因を作ってしまうということが起きます。

くらその皮ふ科クリニックではアレルギーなし(アレルギーフリー)と言われているチタン製・プラスチック製のピアスであるブロムダール社製の可愛いピアスをご用意しております。耳たぶの厚い方のためにポスト(長さ)の長いピアスも用意しております。クリニックではサンプルもご用意していますのでご確認ください。

また耳たぶのどの部分に穴を開けたらよいのかについてもご相談に応じております。開ける部位を間違うと腫れたり、膿んだりする可能性があるからです。
ピアッシングの際にはお手入れの仕方や副作用などの詳しい説明もしておりますので、安心してピアスの穴を開けることができると思います。

この機会に是非くらその皮ふ科クリニックでピアッシングをお試しください。

  • ピアス
  • ピアス
○ ピアッシングの注意事項

ピアッシングを行うにあたり、以下のことにご注意・ご留意ください。

  • 当院では耳たぶのピアッシングのみを行っています。
  • ピアッシングはピアスガンを用いて、麻酔なしで行います。
  • ピアッシングしてから、ピアスホールが形成されるまで約2ヶ月かかります。その間、ピアスは外さないようにして下さい。
  • 1日2回、ピアスの軸をずらしながら水または湯で洗ってください。
  • 気にしていじると、ピアス孔の感染を起こしやすくなります。洗浄時以外はあまり触らないようにしましょう。
  • ピアスホールが完全に落ち着くまで、1年くらいかかります。その間は、ピアスをしない状態が続くとふさがってしまうことがありますので、充分注意して下さい。また、ピアッシングに使用したファーストピアスも捨てずに、時々使うようにして下さい。
  • 当院でピアッシングを受ける場合、来院時に当クリニックの同意書にご署名をお願い致します。また同意書はこちらからダウンロードできますので、あらかじめご署名いただいてお持ちしていただいても結構です。
  • 当院で高校生(18歳未満の未成年様)がピアッシングを受ける場合、保護者様の承諾が必要になります。当クリニックの同意書に保護者様もご署名をお願い致します。

戻る